記憶
第3話

近頃様子のおかしい息子の和也(宮澤秀羽)を心配する本庄(中井貴一)の妻・遥香(優香)。今は自分のことで精一杯の本庄はそこまで気が回らず、珍しく遥香は「それでも父親なの!?」と声を荒げる。翌朝、和也と一緒に駅まで歩く本庄。ほとんど会話もないが、久しぶりに父親らしいことをしたと上機嫌で出社すると、そこには最も会いたくない人物の姿があった。幼い頃に家族を捨てて出て行った父親の省吾(久保晶)だ。今さら一目会いたいなどとのこのこ来た省吾を、本庄は乱暴に追い返す。例の真山(小林隆)の遺書は、看護師の井上沙織(原田佳奈)が捏造したものだった。本庄にかかった容疑を晴らして欲しければ、娘の親権を勝ち取ることが条件だと言う沙織。取引きに応じる本庄だが、その弁護は親子の気持ちなどまるで無視した身勝手なものだった。二宮(泉澤祐希)は、本庄には親子の情がわからないのではないかと不安に思う。そんなある夜、久しぶりに家族と外食を約束した日に限って、本庄はふと道に迷ってしまう…。

劇中写真
劇中写真
劇中写真
劇中写真
劇中写真
劇中写真
バックナンバー
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話